FG工法 FG工法

岐阜と愛知に本社を構える地域ビルダーで唯一耐震実験を実施!!

頑強かつ柔軟な軸組構造プラスα

FG工法は「Future Generation = 将来の世代」を由来とします。在来軸組工法に様々な「プラスα」を施した次世代技術により高い耐震性、耐久性を実現した工業化木造住宅FG工法の住まいがご家族の豊かな未来を育みます。
FG工法は、ロイヤルウッドのすべての家に標準装備されています。

強い
構造
一邸ごとに実施する構造計算

邸別ごとに構造強度を確認し、耐震性、耐風性に優れた安全・安心設計。

強い
「高度な集成材」×接合金物

通し柱の接合部には特殊な金物を使用し、木材の断面欠損を最小限に抑えた強い柱となっています。構造材は、強度が明確な集成材を使用します。

強い
床組
水平方向の荷重に耐える剛床

在来工法を超える材積量を使用。1階床は105mmの大引と厚さ28mmの構造用合板、2階床は455mmピッチの床梁と厚さ15mmの構造用合板による骨太な構造で建物の変形を抑制。

強い
土台
高耐震性・耐久性を
実現する基礎

建物と地震等の力を全面でバランス良く受け止める基礎を採用。住まいの耐震性と耐久性を支える重要な基礎を実現。

国内観測史上最速値
「阪神淡路大震災」同等の地震波にて
FG工法の強さを実大構造で実証

ロイヤルウッドのFG工法では、国内の観測史上最も速かった阪神・淡路大震災の地震波にて実大実験を行いました。
この地震波は「建築基準法における大地震の目安50カイン」の約3.4倍に相当する地震波です。カインとは地震による揺れの強さを地震の速度振幅で表した単位です。最近では地震の最大加速度(gal:ガル)の大きさよりも、最大速度[kine:カイン]の大きさの方が建物の被害状況とよく一致することが知られています。最大加速度は、東日本大震災で2933gal[106kine]を計測するなど最大で818gal[169kine]だった阪神・淡路大震災を上回っていますが、地震による被害は逆に、阪神・淡路大震災の方が大きな被害がありました。これは地震波の最大速度[kine]が大きかった事と、木造家屋を倒壊させる揺れの周期1〜2秒程度のキラーバルスと俗称される揺れに最も近かったからだと言われています。ロイヤルウッドは最大加速度(gal)の大きさではなく、建物の倒壊に大きな影響を与える最大速度[kine]に着目し、阪神・淡路大震災の地震波にて実大実験を行いました。
FG工法は、デザインの自由度が
高い特徴を持ちながら
在来軸組工法よりはるかに
強い強度を得ています。

実際の地震を見据えて本地震と余震を配慮し、実物大の建物を連続で12回加震しました。また、耐力壁を減らしての実験も行い、最終段階では耐震等級1以下の状態で震度7の加震を実施しました。その結果、FG工法の構造躯体に大きな損傷は全く見られませんでした。住む人の命だけでなく、住宅の財産価値も守られ、地震後にも住み続けられることが証明されました。

【監修・分析】
東京都市大学工学部
建築科

教授大橋 好光

Point01
構造実験

構造実験が証明した
「ねばり強い」床と耐力壁

FG工法の2階床倍率は在来工法の約2倍

地震や台風時の水平方向の力を耐力壁に確実に伝達しなければならない床。
変形しにくく、高い強度を持った床が耐力壁をしっかりつなぎ止めていることが重要です。
床や壁の耐震性能は、それぞれ「床倍率」「壁倍率」とよばれる尺度によって表されます。
従来工法を超える材積量を誇るFG工法の構造を実験によって証明しました。

8.3KNの荷重に抵抗する
FG工法の耐力壁

FG工法の耐力壁は実験により、建築基準法が定める壁倍率1.0の許容耐力1.275KNの約3.3倍、
品確法における1.96KNの約2.1倍の耐力であることが実証されました。
データを壁倍率に換算すると、建築基準法において壁倍率3.26、品確法の壁倍率2.12の評価です。

Point02
耐震性能

信頼できる耐震性能

FG工法では、強度が明確な集成材の使用やCADに連動したシステムにより、邸別に高精度のブレカットを施し、変形のしにくさや壊れにくさの特性を数値と等級によって示した木材を使用しています。通し柱のプレカッチ金物は、木材の断面欠損を極力減らして強度を高めています。さらに金物により仕口強度を向上させるだけでなく安全性にも優れており、高度なブレカットの技術に金物の強度や座金の補強を加え、耐震性・耐久性を高めています。

厳選された優れた構造材

FG工法は使用する構造材の選定から始めました。
木材の持つ弱点である強度のバラつきを事前に強度測定し、製材の約1.3倍の強度の集成材を適材適所に使用しています。これにより、高い耐震性や耐風性、ねじれや水平変形を防ぎ高い強度の住まいを実現する安全・安心設計を実現します。

断面欠損の弱点を克服

木材の端部を欠け込み「ほぞ」等で柱と梁等を接合する場合、木材の強度は欠け込んだ分(断面欠損)だけ強度は低下します。ブレカッチ用柱(柱サイズ120角)の場合在来プレカットの約5倍の強度です。

耐久性と剛性を高めた頑強な床構造

在来工法を超える材積量が実現する骨太な構造。1階床は、床の荷重を支える大引は105mmx105mm、土台と大引に厚さ28mmの構造用合板を隙間無く直接釘止めした頑強な構造で、2階床は、構造材を455mmピッチで組んだ床梁の上に、厚さ15mmの構造用合板とフロアの間に12.5mmのプラスターボードを挟んだ3重構造。この床組と構造用合板により構成された「面」の構造が、地震や風圧の力に耐え得る高い強度を実現しています。

高耐震性を支えるのが基礎耐力

厚さ150mmの鉄筋コンクリートを打設して床下全面を覆う強固なベタ基礎工法です。建物から加わる力を面全体で地中に伝えることが可能なため地震時に信頼性の高い工法です。

木材の弱点を克服する技術

木材は、ボルトで締め付けても、時間の経過や乾燥による収縮で緩む現象が起こります。これを座金のスプリングがクッションの役割を果たし、木材の収縮やひずみを吸収します。

FG工法の軸組構造

非常に高い水平剛性を発揮する剛床と、優れた強度をもつ耐力壁により、あらゆる方向からの荷重に耐える頑強な躯体を構成しています。

Point03
耐久性

耐久性向上のための技術を、
部材から集結

木材の弱点を克服する技術

住まいの要である土台の素材にFG工法が採用したのは「米ヒバ」。原産地は北米大陸アラスカ州南東部からオレゴン州で、檜と比べても収縮率が低く、圧縮、曲げ、引張強度に対して優れています。さらにシロアリやカビを寄せ付けず、極めて高い防腐効果も発揮します。

耐久性と剛性を高めた床構造

在来工法を越える骨太な構造、それは1階の床を支える横架材である大引に105mm×
105mm、土台と大引に厚さ28mmの構造用合板を隙間なく釘止めした頑強な構造と、2階の床には、構造材を455mmピッチで組んだ床梁の上に、厚さ15mmの構造用合板とフロア間に12.5mmのプラスターボードを挟んだ3枚構造になっています。 つまり、この強固な「面」の構造が地震や風圧などに対し高い水平強度を実現するのです。

Point04
耐風性

随所に施した接合金物が
建物の変形を抑制

「押す力」「引っ張る力」
風が及ぼす力に耐える

風圧による水平力、下から上へ屋根を突き上げる吹上げ力。暴風雨時に猛威を振るう強烈な力。FG工法は高い水平剛性とバランスよく配置された耐力壁、また、屋根を強固に緊結する接合金物や、サッシ周りの水密性を高める施工により、徹底した耐風性と耐水性を実現しました。

Point05
耐火性

徹底した防火設計で
火災に強い木造住宅

隣家の火災等から
火が燃え移るのを防ぐ

金属と違い、木は燃えるから危険、というのは間違いです。同じ太さの木材と鉄を比べれば、木材が一番強いと証明されています。これは、木材は表面が燃えて炭化すると内部までは燃えないという特性があるのに対し、鉄骨は熱による変形、著しい強度の低下を引き起こします。もちろん、それぞれ条件にもよるものなので、全てがこの通りということではないのですが、「木=燃える=危険」ということではないことをご理解ください。その上で、外壁材に耐火等級の最上級である4等級、3等級に対応し、不燃材料、準不燃材料として国の認定を受けているサイディングを採用しています。

室内の火災が燃え広がるのを防ぐ

室内の壁や柱を覆う素材に12.5mmのプラスターボードを採用。プラスターボードは不燃材料に認定されており、温度の上昇を抑制し、木材の着火温度までの到達を遅延させます。また、断熱材にはグラスウールではなくロックウールを使用。700℃まで加熱しても形状と体積を保持する高い耐火性能があります。ロックウールをアスベストと同様のものと思われているかたもしばしばいらっしゃいますが、繊維形状や性質は全く異なり人体への影響も危険性はありません。

Point06
温熱環境

四季を通じて快適な
室内環境を保ちます

快適性と省エネのダブル効果を
発揮する高気密・高断熱構造

2重のガラス層と空気層の3重構造を採用し、断熱性、気密性を高め、50mmの押出法ポリエスチレンフォーム断熱材や90mmロックウールの採用で高い断熱性や吸音・防音性能を発揮します。
FG工法では公庫一般住宅に比べ、約30%も熱損失量を低減、冷暖房効率をアップし、ランニングコストを削減します。

Point07
音環境

騒音や生活音を防ぎ、
静かな住空間を実現 

生活音を抑制し、
くつろぎの時間を大切に

上階の床は厚さ15mmの構造用合板、12.5mmのプラスターボード、フロア材の3重構造と、下階にも12.5mmのプラスターボードを貼ることにより、上下階の音を抑制する遮音構造になっています。
また、トイレなどの配水音にも着目し、消音パイプを採用。大切なくつろぎの時間に配慮した構造になっています。

FG工法のカタログ

RESERVATION

QUOカードプレゼント!! QUOカードプレゼント!!

お近くのロイヤルウッド展示場に、
お気軽にお越しください。