蟹江展示場

2019年11月20日

防災の話

おはようございます。蟹江展示場Hです。


先日蟹江展示場で防災訓練がありました。地震や火山の噴火、集中豪雨や河川の氾濫等
最近さまざまな災害のニュースを最近よく目にします。
遠い場所の災害のような気もしますが、いつ自分の身に起こっても仕方ない災害であることも
事実です。

やはり家を考える場合一番考える必要があるのは大地震です。
とある本に載っていた大地震が起きた時、どのような行動をとらなければならないかを見ながら
確認してみましょう。

1)地震の瞬間はパニックになることが多いです。まずは冷静に

2)まずは自分と家族の命を最優先に考える

3)揺れがおさまるまでは安全な場所でじっとすること。動き出すのは揺れがおさまってから

4)火元を確認する

5)避難口を確保する。ドアが開かなくなったりすることもありますから

6)災害時のNG行動
  ・火をつけない
  ・電源スイッチをつけない
  ・電話をかけない
  ・エレベーターを使わない
  ・自動車を使わない
  ・靴を脱がない
  ・一人で活動しない

意外とえっと思うようなこともありませんでしたか?

ただし家は地震の際自分や家族の命、財産を守る大切なものです。

ロイヤルウッドの展示場にお越し頂ければその秘策をお伝えします。

ぜひともお越しください。

 

 

 

 

 

PAGE TOP