木の力を活かす:FG工法[ロイヤルウッド株式会社]

お問い合せ・カタログ資料請求
ロイヤルウッドのモデルハウス展示場
  • ロイヤルウッド|HOME
  • フランク・ロイド・ライトの精神を受け継ぐオーガニックハウス
[ORGANIC HOUSE]
  • ロイヤルウッドの木造注文住宅
  • ロイヤルウッドのブランドプロミス
  • FG工法[在来軸組工法]・RC工法[鉄筋コンクリート]
  • ロイヤルウッドの施工の流れ
  • アフターメンテンナンス・保証と保険
  • ロイヤルウッドの施工事例
  • 展示場のご案内・来場予約
  • ロイヤルウッドの会社概要
  • ZEH普及目標
  • ロイヤルウッドの採用情報[新卒・キャリア]
  • ロイヤルウッドのTVCMと動画
  • ロイヤルウッドのニュース/新着情報
  • ロイヤルウッドのスタッフブログ
トップページ > FG工法・RC工法 > FG工法 > 木の力を活かすFG工法

木の力を活かすFG工法

FG工法の「プラスα」

頑強かつ柔軟な軸組構造のFG工法

在来軸組工法をさらに強化

ロイヤルウッドは「木」の豊かな資質と在来軸組工法のさらなる可能性を、
さまざまな「プラスα」により大きく広げました。
建築基準法を満たすだけでなく、 壁や柱の位置、あるいはスパン、材質の選択にいたるまで、
構造的な部分について十分な配慮をすることで、より強く、より長持ちする構造を実現します。

1邸ごとに実施する構造計算

邸別ごとに構造強度を解析し、耐震性、耐風性に優れた安全・安心設計します。

高耐震性・耐久性を実現するベタ基礎と米ヒバの土台

耐震性と耐久性を支える重要な基礎。土台には、建物と地震等の力を全面でバランスよく受け止めるベタ基礎で、耐腐朽性・防蟻性に優れた米ヒバを採用。

構造用集成材×接合金物

CAD/CAM連動システムにより高精度な仕口と継手を実現し、接合金物により構造を強化。

水平方向の荷重に耐える剛床

1階床は105mmの大引と厚さ28mmの構造用合板、2階床は455mmピッチの床梁と厚さ15mmの構造用合板による骨太な構造で建物の変形を抑制。

十分な耐震性能を確保できるような「プラスα」の配慮がきわめて重要です。

在来軸組工法は日本で古くから伝統的に用いられている木造住宅の工法であり、プランの自由度が高い、比較的大きな開口部が実現できる、コストパフォーマンスが高いなど、多くの優れた特質を持っています。しかし、構造的なポイントを十分に考慮せずに構造の計画を行うと、その自由度の高さが裏目に出て、耐震性の低い住宅ができてしまう可能性が高いのも事実です。

このような問題点に注意するためには「プラスα」の配慮をすることがきわめて重要です。

名古屋工業大学大学院工学研究科 井戸田秀樹教授
ページトップへ戻る

構造実験

構造実験が証明した「ねばり強い」床と耐力壁

FG工法の2階床倍率は在来工法の約2倍

地震や台風時の水平方向の力を耐力壁に確実に伝達しなければならない床。変形しにくく、高い強度を持った
床が耐力壁をしっかりつなぎ止めていることが重要です。
床や壁の耐震性能は、それぞれ「床倍率」「壁倍率」とよばれる尺度によって表されます。
従来工法を超える材積量を誇るFG工法の構造を実験によって証明しました。

FG工法の骨太な構造
在来工法の床と比較実験

FG工法と在来工法の2階床の比較実験の結果、FG工法の最大耐力は在来工法の約1.8倍、床倍率は約2倍の評価を受けました。

8.3KNの荷重に抵抗するFG工法の耐力壁

FG工法の耐力壁は実験により、建築基準法が定める壁倍率1.0の許容耐力1.275KNの約3.3倍、品確法における1.96KNの約2.1倍の耐力であることが実証されました。データを壁倍率に換算すると、建築基準法において壁倍率3.26、品確法の壁倍率2.12の評価です。

建築基準法が定める壁倍率1.0の許容耐力1.275KNの約3.3倍、品確法における1.96KNの約2.1倍の耐力
ページトップへ戻る

木材のメリット

木造住宅の様々なメリット

木材は鉄より火に強い

「金属は燃えないから安全で木は燃えるから危険だ」というのは間違いです。鉄骨は熱で変形して強度が著しく低下しますが、木材は火がつくと一気に芯まで燃えず表面に炭化層を作ります。この炭化層が木材を覆うと、それ以上は燃えず内部を守ります。つまり木材自体が防火層となり、建物が崩壊する前に避難できるわけです。また、木材の床や壁などは大量の煙や有毒ガスが発生しないので、煙で出口が分からなくなったり有毒ガスで意識を失うという火災の怖さを防ぎます。

木材は十分な強度を備えています

阪神・淡路大震災では鉄筋コンクリートのビルや高速道路が崩壊しましたが、木造住宅のほとんどは無傷でした。一定の構造計算を行い、適切な施工がされた木造住宅は地震に強いのです。さらに、木は100年間日光や風雨にさらされても、劣化は表面から3mm程度といわれています。また、木材は軽いので鉄筋よりも運搬費や施工費などの費用が少なく、簡易な道具や機械での加工が可能なのでエネルギー消費量も少なくて済み、エコロジー&エコノミーな家づくりができます。

木は人にやさしい

木は熱を伝えにくい性質があるため人がふれると温かさや柔らかさを感じます。夏の熱さや冬の寒さに影響されにくい素材であるといえます。さらに木は調湿作用があり、人が快適と感じる湿度に調整しカビやダニを繁殖させません。木造校舎や老人ホームでは、木の調湿作用や木の香りに含まれる抗菌成分により、風邪やインフルエンザにかかる人が少なかったり、集中力を高めるという調査報告もあります。木の床の場合、転倒したとしても衝撃吸収力に優れているので安心です。木には人を心地よく、健康にする様々な特性があります。住まいの材料としてだけでなく、衣類や化粧品、医薬品など色々な分野で活用されている木は本当に素晴らしい自然の恵みです。

>>『FG工法』へ戻る