強い住まい(耐震・耐久・耐風・耐火):FG工法[ロイヤルウッド株式会社]

お問い合せ・カタログ資料請求
ロイヤルウッドのモデルハウス展示場
  • ロイヤルウッド|HOME
  • フランク・ロイド・ライトの精神を受け継ぐオーガニックハウス
[ORGANIC HOUSE]
  • ロイヤルウッドの木造注文住宅
  • ロイヤルウッドのブランドプロミス
  • FG工法[在来軸組工法]・RC工法[鉄筋コンクリート]
  • ロイヤルウッドの施工の流れ
  • アフターメンテンナンス・保証と保険
  • ロイヤルウッドの施工事例
  • 展示場のご案内・来場予約
  • ロイヤルウッドの会社概要
  • ZEH普及目標
  • ロイヤルウッドの採用情報[新卒・キャリア]
  • ロイヤルウッドのTVCMと動画
  • ロイヤルウッドのニュース/新着情報
  • ロイヤルウッドのスタッフブログ
トップページ > FG工法・RC工法 > FG工法 > 強い住まい

強い住まい

耐震性

強さの秘訣は「構造躯体・基礎」

優れた耐震性能を発揮する軸組構造

非常に高い水平剛性を発揮する剛床と、優れた強度をもつ耐力壁により、あらゆる方向からの荷重に耐える頑強な躯体を構成しています。

均一な強度と品質の構造用集成材

木には弱点があります。反り、収縮、ねじれ、無垢材にある強度のバラつき等、それらを克服するために作られた資材が構造用集成材です。
部材の繊維方向を互いに平行にして集合接着し、節や割れ等の欠点を除いて作るため、品質も均一です。
CADに連動したCAMシステムにより、邸別ごとに高精度のプレカットを施し、使用する部位によって、適切な剛性と強度の特性の集成材を使用します。

木材の弱点を克服する技術

木材は、時間の経過や、乾燥による収縮によりボルト締めが緩む現象が起こります。
プレカッチシリーズは、ほぞ穴に金物背部のほぞが収まっているので、ボルトが緩んでも脱落することがありません。さらに、座金のゴムがクッションの役割を果たし、木材の収縮やひずみを吸収します。

一邸ごとに実施する構造計算

現行の建築基準法では、2階以下の木造住宅の構造計算は免除されています。しかし、ロイヤルウッドでは義務付けられていない2階以下の木造住宅についても、1邸ごとにコンピューター(CAD)による構造計算を実施しています。建物に影響を及ぼす地震、台風、積雪等に耐え得る構造強度をCADにより解析し、優れた耐震強度と快適性、デザイン性を兼ね備えた住まいを実現します。

高耐震性を実現する基礎耐力

ロイヤルウッドでは標準施工として「ベタ基礎を施工します。ベタ基礎とは、建物を支える下部構造で、建物の底部を隙間なくコンクリートで覆う強固な基礎形式です。
鉄筋コンクリート面全体で建物を支えるため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃すことができ、また、シロアリを防ぎ、地面からの水蒸気をも防ぐ効果があります。
また、ベタ基礎は重量があるため、スウェーデン式サウンディング法による地盤調査を行い、しっかりと地耐力を調査します。

ページトップへ戻る

耐久性

耐久性向上のための技術を、部材から集結

木材の弱点を克服する技術

住まいの要である土台の素材にFG工法が採用したのは「米ヒバ」。
原産地は北米大陸アラスカ州南東部からオレゴン州で、檜と比べても収縮率が低く、圧縮、曲げ、引張強度に対して優れています。さらにシロアリやカビを寄せ付けず、極めて高い防腐効果も発揮します。

耐久性と剛性を高めた床構造

在来工法を越える骨太な構造、それは1階の床を支える横架材である大引に105mm×105mm、土台と大引に厚さ28mmの構造用合板を隙間なく釘止めした頑強な構造と、2階の床には、構造材を455mmピッチで組んだ床梁の上に、厚さ15mmの構造用合板とフロア間に12.5mmのプラスターボードを挟んだ3枚構造になっています。
つまり、この強固な「面」の構造が地震や風圧などに対し高い水平強度を実現するのです。

ページトップへ戻る

耐風性

随所に施した接合金物が建物の変形を抑制

「押す力」「引っ張る力」風が及ぼす力に耐える

風圧による水平力、下から上へ屋根を突き上げる吹上げ力。暴風雨時に猛威を振るう強烈な力。FG工法は高い水平剛性とバランスよく配置された耐力壁、また、屋根を強固に緊結する接合金物や、サッシ周りの水密性を高める施工により、徹底した耐風性と耐水性を実現しました。

ページトップへ戻る

耐火性

徹底した防火設計で火災に強い木造住宅

隣家の火災等から火が燃え移るのを防ぐ

金属と違い、木は燃えるから危険、というのは間違いです。同じ太さの木材と鉄を比べれば、木材が一番強いと証明されています。これは、木材は表面が燃えて炭化すると内部までは燃えないという特性があるのに対し、鉄骨は熱による変形、著しい強度の低下を引き起こします。もちろん、それぞれ条件にもよるものなので、全てがこの通りということではないのですが、「木=燃える=危険」ということではないことをご理解ください。その上で、外壁材に耐火等級の最上級である4等級、3等級に対応し、不燃材料、準不燃材料として国の認定を受けているサイディングを採用しています。

室内の火災が燃え広がるのを防ぐ

室内の壁や柱を覆う素材に12.5mmのプラスターボードを採用。プラスターボードは不燃材料に認定されており、温度の上昇を抑制し、木材の着火温度までの到達を遅延させます。また、断熱材にはグラスウールではなくロックウールを使用。700℃まで加熱しても形状と体積を保持する高い耐火性能があります。ロックウールをアスベストと同様のものと思われているかたもしばしばいらっしゃいますが、繊維形状や性質は全く異なり人体への影響も危険性はありません。

>>『FG工法』へ戻る